恋愛のジェントルメン作法 恋愛の作法

彼女が欲しい男性はジェントルメンな振る舞いで恋愛ノウハウを使おう

 

彼女が欲しいと思っている男性は多くいますが、現代社会において結婚時期も徐々に遅くなってきておりなかなか仕事に追われて出会いがないという男性も多いと思います。

 

この人と一緒に人生を歩みたいという気持ちがなかなか湧いてこないという人も多いかもしれません。

 

しかし、実は女性側から見たときにあなたの姿にも問題がある場合がございます。

 

ここでは、じぶんの行動パターンや考え方において恋愛から少しずれているかもしれない視点をあげて、改善していただき彼女をゲットして欲しいと思います。

 

ジェントルメンと恋の作法

 

ファッションがじぶん好みで彼女とのデートに適していない

 

彼女のいない人は案外、恋愛経験においてブランクがあるかたが多いのではないでしょうか?

 

昔は彼女がいたにもかかわらず年を重ねるにつれて出会いも実際になくなり、そして一人ですごすことや会社の先輩や同期と中の良い人と会う回数が増えていないでしょうか?

 

そのような環境に身を置くことは決して悪くありませんが、そこに居心地を感じてしまい、どっぷりと居座り出すと彼女ができにくくなります。

 

例えば、出会いはどこで転がっているかは誰にもわかりません。

 

仕事帰りの電車の中や休日に友人と出かけたショッピングモールかもしれません。

 

そのような場面において、一緒にすごす相手が男性だからとか友人だからといって服装に手を普段から抜いているようでは数少ないチャンスが巡って来た際には、残念ながら生かすことはできません。

 

常にいつ運命の人と出会っても良いように準備をしておくことが大切です。

 

つまり、休日でも仕事帰りでもしっかりと背筋を伸ばしてピシッと決めた格好をしていると魅力は簡単に増すことができるのです。

 

まずは心がけから初めてください。

 

心が変わると自然と服装も変わり、周りからの印象も大きく変化します。

 

ジェントルメンと恋の作法

 

食事の場所はお腹いっぱいのところ以外にいくべき

 

普段から彼女のいない人にとっては一緒にすごす相手は男性同士。

 

そのため、昼食や夕食の場所というのは居酒屋やバイキングなど男性同士でこそいくようながっつりとした飲食店が多いのではないでしょうか?

 

つまり、いざ彼女ができたときに一緒に連れて行って欲しいと思っている女性の希望を叶えるようなお店をあなたは知っていますか?

 

つれていくことはできますか?

 

このように彼女ができてつれていくところがすぐにイメージがわかず、その結果彼女との時間がぎこちないものになってしまうようでは彼女ができるできない以前にあなたの社会においての勉強不足が原因であり、彼女ができてももてあますだけであり結果として今の彼女のいない環境を作り上げてしまっています。

 

つまり、男性同士でいくにしても、デートでつれていけそうな店などを歩きながらでもリサーチしておくこと心がけが素敵であり、大切です。

 

レディーファーストの本来の意味まで理解

 

男性の頭の中には常にレディーファーストを意識した頭や行動になっていると思います。

 

それはただ優しく振舞えばよいというように誤解している人はいないでしょうか?

 

なんでも彼女の要望をかなえてあげることがレディーファーストと勘違いしている人はいないでしょうか?

 

それは要注意です。

 

本来の意味を理解してこそ持てる男性であり一流の男性です。

 

例えば、階段では彼女の後ろを歩きます。

 

これは彼女に先に行ってもらうことがレディーファーストと思っているようでは意味がありません。

 

本来ならば、彼女が階段で転んだ場合に後ろで支えてあげられるように、転んだときには身代わりになれるようにという意味があります。

 

こういった意味をしていての行動です完璧です。

 

そのため、いろいろな場面でレディーファーストな場面はでてきますので、ある程度は理解しての行動でないと、自己満足のレディーファーストを気取った男性になりますので、幼虫です。

 

しっかり恋愛にも勉強とマナーが必要ということで努力も必要です。